思い出話

娘ちゃんの宿題

☆生まれた時の様子

☆生まれた時の家族の気持ち

この2つを家族に聞いて書いてくる
というものでした。


いやー
何年も経つと忘れてるものですね〜

出生時の体重とかアプガースコアとか
記録に残っているものほど鮮明に
覚えてるんだけど
気持ち…
様子…

んー
とにかく
自分の役目は終わったという達成感はあった
でも
なかなか産声あげなくて
とっても心配したんだよね

お腹にいる時から
低体重ですぐに保育器に入ることは
決まっていて
頭が少しみえてきたくらいには
新生児科の医師や看護師さんたちが
ワラワラと分娩室に入って来て
10人近くギャラリーがいる中での出産
分娩台がウィーンって上に上がった時
あまりの人の多さにびっくりして数えた

友人の出産の時は
2〜3人しかいなかった
しかも担当の先生ではなかった
とブツブツいっていたので
分娩もいつもの担当の先生だったし
保育器に入る事が決まっているからこその
恵まれた環境での出産だといえるらしい
でも
こんな大人数の前で…
イヤでしたよ

こんな事学校で発表されては恥ずかしすぎる
というか
そもそも
こういうエピソードは求められてはいない


結局、当たり障りなく
☆体も産声も小さくすぐに保育器にはいりました
☆生まれて来てくれてありがとう。無事に育ってくれるか不安でいっぱいだったけど、嬉しかった

と回答しました。

ハンデを何個も背負って生まれてきた娘ちゃん
語り始めるとたくさんあって
どこまでを話すればいいのか…
この宿題は何を求めているのか?
迷った挙句
面倒になり


つまんない感想になってしまった



ブログを書いて文章能力を高めねば!!




最後までお読みいただきありがとうございます


トラックバックURL : https://warmfeelings.exblog.jp/tb/24561479
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kumakumakochan | 2017-06-21 21:20 | 子供 | Trackback | Comments(0)

日々の出来事・子育てなど、素敵母ちゃんになるために何をすればいいのか?思いつくまま記事にしています


by massy
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31